AM 5:00

全国のおすすめスポットやグルメいろいろ。

走水海岸(横須賀)で子連れ潮干狩り@ゴールデンウィーク

f:id:naokofff:20170430214920j:image

神奈川で潮干狩りできるのどこだろ?ということで、見つけた走水海岸。横須賀、前に行ったことのある観音崎の隣くらいにありました。

横浜の我が家からは1時間かからないくらい。というわけで、ゴールデンウィーク真っただ中に行ってきました!

子連れレジャーにぴったりの潮干狩り、持ち物とか混雑状況など含め、レポートしてみたいと思います♪

 

走水海岸潮干狩り場・アクセスと駐車場

とりあえず走水海岸をナビにセットし、近くまで行ったら、「潮干狩り受付」という看板があちこちにありました。迷うことはなかったけど、いかんせんゴールデンウィークは人が多い💦

 

この日の干潮は13時過ぎ。遅くとも干潮の1時間前に着くのが潮干狩りのセオリーですが、人口の多い神奈川県、一時間前だと人が多すぎて車とめるのは難しいと思います。(GWまっただなかのこの日は、なんと8時半の時点で満車!)

でも、我が家が着いたのは8時すぎ、まもなく駐車場が埋まりますよーって段階でした。9時前に約束してた友人ファミリーも着いたのですが、ちょっと遅れてたら停められたかどうか。GWは早め出動が正解だなぁと思いました。

 f:id:naokofff:20170430215148j:image

走水海岸の潮干狩りは有料。大人1200円、小学生600円、幼児無料。

駐車料金は1000円でした。

更衣室はないですが簡易トイレは設置されてました~

 

持ち物広げて、準備しながら潮が引くのを待つ

我が家の持ち物は、熊手、バケツ、ざる、網、軍手、2リットルペットボトル(行きは真水、帰りは海水を入れて持って帰る)、念のため水着、着替え、タオル、簡易テント、お弁当、たぶんそれくらい。

 f:id:naokofff:20170430214957j:image

テントたててひととおり準備してから干潮を待とうかって話してたんですが、全然潮引いてないなかでもけっこうな人がアサリ獲ってたので、参戦。

めっちゃ濡れましたが楽しかったーーー

 

持っていけばよかったなーって思ったのは、ノンアルビールかな!軽食・おやつなどは必須かと思います。早くから着くと時間持て余しますので。

 

獲れ高こんなかんじ

小さな子みながらだったんですが、それなりにとれました!

f:id:naokofff:20170430215023j:image

神奈川で潮干狩りっていうと「海の公園」が有名で、そこと比較すると走水海岸は有料だしなーって思ったんですが(海の公園は無料です)、

 

ある程度アサリいたことで子供のテンションも上がってましたし、8時半着でもすぐ側の駐車場に停められたし、迷子になるほどの混雑でもなかったし、満足満足。

 

どこ行っても混雑するGW、お金で解決するのもアリだなぁと思います。個人的には、GWの海の公園はすすめません…

 

アサリの持ち帰り方と調理

事前にネットで色々調べたんですけど、バケツに海水入れてアサリ入れてたら、受付の方に「このまま持って帰ったらいいよ。極端にぬるくなったりしなければ大丈夫」って聞いて、そのまま車に積むことに。

f:id:naokofff:20170430215105j:image

助手席の足元で、貝の様子をちょこちょこ確認しながらそのまま持って帰りました。このとき必須なのがバケツのふた(新聞紙などでふたしてもOKです)。貝が海水吐くときに、ぴゅーぴゅー飛びますんでね。

一応バケツの海水は何度か替えてたので(たぶんある程度砂吐いてるはず)、帰ってから追加で2,3時間3%食塩水で砂吐きさせてから、ワイン蒸しにして夕食にいただきました。

f:id:naokofff:20170430215121j:image

美味しかった。

色々難しくなく、簡単で、子供もたっぷり楽しんでいたので良かったと思います。

 

子供と潮干狩り

潮干狩りってすごーく子供向けレジャーだなと思いました。

時期的に暑すぎず寒すぎず、ひざ下くらいの水位で遊べて、砂遊びもたっぷり楽しんでて。獲ったあとのあさりがぴゅーぴゅー海水吐いてる様子や、微妙に動いてる様子を飽かず眺めててとっても楽しそうでした。

 f:id:naokofff:20170430215934j:image

ありがとう走水海岸。

来年も来たいなーと思う場所でした♪

 

GWの子連れレジャーなら、このへんもおすすめです。

 

www.naoko-fff.net